離婚とお金

財産分与

共有財産とは婚姻生活の間に夫婦が共同で築いた財産のことを言います。


夫の収入で生活し、妻は専業主婦が婚姻期間中に家を購入し貯金もしました。
働いて稼いできたのは夫ですが、妻が家庭を支えていたからこそ築けた財産であるというのが共有財産の考え方です。


夫婦で築いた共有財産を離婚時に分けること財産分与といいます。


財産分与には、大きく分けて3種類あります。


☆清算的財産分与・・・婚姻期間中に形成した財産の清算。
財産の名義にこだわらずそれぞれの貢献度によって公平に分配すること。


☆扶養的財産分与・・・離婚をすることで夫婦の一方が生活に困窮してしまう事情がある場合
扶養的な目的での財産分与のこと。



☆慰謝料的財産分与・・・本来、慰謝料と財産分与は別々に算定して請求することが原則です。
しかし、慰謝料と財産分与を明確に分けずに、財産分与として請求・支払いする場合があります。
そのような場合は、慰謝料の含むという意図なので慰謝料的財産分与となるのです。


財産分与は、婚姻前にすでに持っていた財産(貯金)や、
婚姻中に相続などで得た財産は、夫婦の協力とは無関係で得たものは、特有財産とし分与の対象にはなりません。


分与の対象となる財産は婚姻中に夫婦の協力により形成・維持された財産
名義が夫婦どちらであっても、財産分与の対象になります。


具体的には、
婚姻中に購入した不動産や車、家具・家財、預貯金、有価証券、退職金、掛け金を支払ってきた保険などが分与の対象となるものです。


債務も分与の対象です


財産だけでなく債務も分与の対象です。
夫婦が共同生活を営むためにできた債務(住宅ローンや車のローン、生活の為にした借金など)は夫婦ともに
責任があります。
どちらか一方が、身勝手な理由(ギャンブルなど)でできた債務については分与の対象にはならないので、債務者の1人の責任です。


債務もある場合、財産のほうが多いならば債務額を差し引いた残額を分配するのが一般的なようです。


財産分与の割合は、財産の形成・維持のどれくらい貢献したかで決まりますが、
原則的に2分の1ずつです。


預貯金や家具・家財などは話し合いのもとで、分配することが簡単ですが、
不動産などは分配が難しいです・・・


慰謝料と違い、当事者間で話し合い、合意することで自由に決めていくことができるのが財産分与です。
例えば、不動産や車を所有するならば、金銭を相手に支払う・対象財産を売却して利益を分けるなど、様々な方法があリます。


後々、トラブルにならないためにも、弁護士や裁判所を通じて手続きするといいでしょう。


関連記事

慰謝料が請求できる離婚原因は??

慰謝料請求の手続きと期限

慰謝料と養育費


<<<前の記事【慰謝料と養育費】



>>【浮気調査の費用相場はいくら?】浮気調査を探偵に依頼する前に! TOPページへ戻る