浮気調査の実情

浮気調査の依頼は女性が多い!?

浮気調査の依頼は女性が多いといいます。 探偵社にくる浮気調査に依頼の約6・7割が女性で3・4割が男性。


浮気をする人が多い年代は、30代・40代が6割と1番多く、男性だけでなく女性もこの年代が1番浮気しやすいらしいです。
最近は女性の浮気も増えているので男性からの依頼も増加してきているようです。


女性からの依頼が多い理由として、
・浮気の証拠を掴んで、反省して家庭に戻ってきてほしい
・不貞行為の決定的証拠を掴んで、離婚時の慰謝料請求のため
・男性はお小遣い制がほとんどですが、女性は家庭の大蔵省(家計を握っている)が多いので、
浮気調査の費用を工面しやすい
・女性は勘がするどいので、お金をかけないでピンポイントの依頼をしてくる
(女性からの浮気調査依頼はほぼ浮気しているといってもいいくらい高確率)


浮気調査をする理由


【復縁前提の浮気調査】
浮気をやめて戻ってきてほしい。という目的での調査は、女性からの依頼が多いようです。
特に浮気の多い年代と言われる30代から40代は、子供がいる家庭が多く安定した生活を送っていきたいと
と女性は強く思うのでしょう。


ですから、浮気相手を特定し別れてもらい、家庭が元通りになるなら
1度や2度の浮気は我慢する!という女性が約5割。
浮気調査を依頼する約半分は復縁したいと願っているんですね。


【離婚前提の浮気調査】
浮気=裏切りと感じ、復縁することなくそのまま離婚に踏み切る人もいます。
離婚目的の浮気調査は復縁希望とは違い、浮気相手を特定する必要はないのです。
パートナーの不貞行為の現場が押さえられればOKなんです。
さらには、浮気相手との別れも望んでいません。


離婚の際、相手との交渉に有利になる証拠を固めるために浮気調査を依頼するのです。


浮気相手が特定できたらすること


浮気相手が特定できた場合、
浮気相手に対しても慰謝料請求することが可能なので、できれば相手の名前・住所・連絡先・職業まで
調べておくといいでしょう。


もう1つ大きく違う点は調査に使う費用です。
復縁希望の場合、その後の生活もあるのでそこまでお金をかけないで、ある程度の情報が手に入れば調査を終了する人が多いでしょう。


逆に、離婚目的の場合は、きちんとした証拠が必要なので徹底的に調査することを希望します。
支払いも、離婚の慰謝料から支払うつもりなので、お金に糸目をつけない傾向が強いのではないでしょうか・・・


男性よりも、女性のほうが浮気に気づきやすいです。
反対に、女性の浮気は男性はなかなか見ぬくことは難しいでしょう。


浮気調査も気軽に依頼できるものでもありませんから、ある程度の確信がないと依頼しません。
女性のほうが、浮気を見抜く力に長けていることもあってか、女性からの依頼が多いということのなるのでしょう。



関連記事

浮気調査の金額って??

浮気調査ってどんなことするの??


<<<前の記事【浮気の証拠になるもの・ならないもの】



>>【浮気調査の費用相場はいくら?】浮気調査を探偵に依頼する前に! TOPページへ戻る