浮気調査の実情

浮気の証拠になるもの・ならないもの

自分でできる浮気調査でも書きましたが、 携帯電話やパソコン、財布の中身やクレジットの明細・車の中やカーナビ、GPSの記録など 浮気の証拠となる情報はいろいろあります。


ですが、この情報は状況証拠なので、浮気の直接的な証拠にはなりません。
浮気の決定的な証拠になるのは、肉体関係があるかどうかが分かるものです。


集めた情報は、直接証拠にはならなくても決して無駄ではありません。


その情報を元に、新たな情報を得て、決定的な証拠へと導いていく大切な情報なのです。
例えば、メールの送受信履歴からパートナーと浮気相手が、いつどこで会うかという情報が分かったとしたら、
決定的証拠をつかむチャンスが出てきます。


そういった細かい情報が何もないと、浮気の証拠をつかむまでに時間がかかってしまうでしょう。


浮気の証拠となりそうな情報は、証拠固めになるので多ければ多いほど有利です。
できるだけたくさん集めるといいでしょう。


決定的な証拠とは?


では決定的な証拠!
つまり、肉体関係があるかどうかがわかるものとは・・・??


SEXをしている現場に乗り込むことは、まず不可能でしょう・・・


自宅に連れ込んでいる場合は、もしかしたら証拠をおさえられるかもしれませんが、
簡単にバレるようなバカなひとはそうそういません・・・


ラブホテルへ入る瞬間や出てくるところを写真に撮る!これが1番の決定的な証拠になります。
それも、1回だけではなく何度も同じ相手とだったら、言い逃れの余地もありませんね。


ホテルに入っただけで、SEXしていない!と言い訳する人もいるでしょう。
・ラブホテルに行く
・同じ相手と行く
・何度も行く
・長時間滞在する

幾つもの事実を合わせていき、状況証拠として浮気と判断されるようです。


婚姻法に、夫婦は互いに性的純潔を守る「貞操義務」があります。
性行為(肉体関係)=浮気として裁判でも証拠となるのです。


もうひとつ、決定的な証拠となるのは自白です。
パートナーや浮気相手の口から出た言葉は証拠となります。


ほとんどの場合、本人たちから自白は得られません。


例えば、自分で集めたいくつかの浮気の証拠を突きつけていくとポロッと言ってしまったり、認める事があります。
自白を録音しておくと決定的な証拠になります!


ここで注意が必要なのが、
相手の承諾なく録音した場合は盗聴になり証拠として認められません。
ですから、話しをする前に会話を録音することを伝えてから自白に追い込みましょう!!



関連記事

自分でできる浮気調査

浮気調査ってどんなことするの??

浮気を見抜く方法


<<<前の記事【自分でできる浮気調査】





>>【浮気調査の費用相場はいくら?】浮気調査を探偵に依頼する前に! TOPページへ戻る