浮気調査の実情

浮気調査ってどんなことするの??

浮気調査は依頼者からの情報収集から始まります。


依頼者と調査対象者との関係なぜ浮気調査が必要なのか調査対象者の氏名や顔・勤め先など情報を収集し、依頼者と相談してどんな証拠がほしいのか?
その後どうしたいのか?(別れたいのか、浮気を精算してほしいのか)


依頼者からの情報を元に、
対象者の追跡を行い、浮気の決定的証拠を探します。


追跡調査の前に、
対象者の顔の確認・会社の場所・最寄駅などを中心に下見を行うことが基本です。
下見に段階で、ある程度シュミレーションをして撮影機材の準備などもイロイロ想定しておきます。


追跡(尾行)


追跡(尾行)当日。
追跡する日は依頼者と相談し、対象者が動きそうな日を予想して決めます。


追跡方法は、徒歩と車の両方用意し、対象者がどう動いても対応できるように準備しています。
ですから基本調査員は2人以上で行っています

対象者が急に、タクシーなどで移動した時にも、見失う可能性は少ないです。


徒歩での追跡も、同じひとがずっとつけていると、勘のいい人にはきづかれてしまいます。
追跡する調査員も交代しながら、追跡してくれるのでバレにくいですし、


車での追跡も、真後ろにピッタリついていると怪しまれます。
間に1台他の車を挟んで追跡するのが基本のようです。


調査中も、依頼者と連絡をとり随時報告してくれます。
現在の状況を細かに報告してくれるので、調査を続行するか終了するかも依頼者が判断できます。


浮気現場に遭遇したら!?


追跡中に、浮気現場に遭遇したら、
日時を記録し、浮気相手・対象者の顔や服装がわかるような決定的な写真を残すことが必要です。


現場を押さえたら、依頼者に報告します。
プロの探偵は、いろいろなカメラを何箇所にも随時携帯しているので、
いつでも証拠を押さえれるようにしています。
ペン型のカメラや、腕時計型のカメラなど・・・まるでTVドラマのようですね(笑)


依頼者から終了してもいいといわれたら、調査はそこで終了です。
依頼者の指示がないかぎり調査は続行します。


浮気調査が終了したら、
写真の現像・調査報告書を作成してくれます。


報告書には、
調査当日の年月日・天候。分刻みのタイムテーブル・対象者と浮気相手の服装や様子
場所の明記(店舗名や住所など細かく)


後日、
写真や調査報告書をみながら、当日の様子を説明してくれます。


報告が終了し、依頼者に調査データを渡したら探偵社の任務は終了です。
終了後は、資料などの調査データは破棄するので情報が漏れる心配もないですね。



関連記事

自分でできる浮気調査

浮気を見抜く方法

浮気調査の金額って??

浮気の証拠になるもの・ならないもの



>>【浮気調査の費用相場はいくら?】浮気調査を探偵に依頼する前に! TOPページへ戻る